満室経営の実績多数!練馬での賃貸経営・空室対策・マンション管理・アパート管理はお任せください。

まずはお電話ください

オーナー様へ

現在の賃貸事情

人口の減少と賃貸住宅の供給過剰

2005年まで増加の一途をたどっていた人口が減少に転じ、出生数が死亡率を上回った現在の日本は、少子高齢化による本格的な人口減少社会に突入しています。2050年の人口は、なんと9,000万人を下回るとの予測も出されているのです。離婚率の上昇と核家族化・個人化の流れから世帯数はしばらくは微増すると予測されていますが、将来的には人口減少と連動して世帯数も減っていくことは確実と見られています。

参考:総務省「国勢調査」

一方で、新築賃貸住宅は建てられ続けています。このままでは明らかな供給過剰の状態が続き、2040年には空室率が40%前後になるという予測も出されています。空室率が上昇すれば家賃は下落していくことになり、オーナー様の立場からすれば単純に収入がどんどん減っていくという状況ですが、固定資産税や借入金の金利等の経費はほとんど変わりません。


賃貸管理業界を取り巻く現状

大競争時代に突入

借り主が減り、貸し手が増える状況が続けば、賃貸市場での入居者獲得競争は激しさを増していくことになります。他の業界では市場競争は当たり前にあるものですが、賃貸市場においてもエリア内での競争が激化し、「オーナー様の経営のやり方によって勝ち負けが決まる」という二極化が進みつつあるのです。

今後は他の業界と同じように、激しい競争市場になっていきます。意識すべきは「賃貸は経営するもの」であり、そして「"勝つ"とは資産を最大化させる(増やす・守る)」ということです。勝ち残っていくためには、人任せではなく様々な工夫をしていかなくてはなりません。そして、どのように勝ち残っていくかを考えて経営に携わっていくことが必要な時代になってきたのです。利益をめぐる企業間の競争と同じ現象が、賃貸経営の世界でも本格化しています。

参考:総務省統計局ホームページ」

参考:厚生労働省「平成24年人口動態統計」

最も避けるべきは「空室」

需要と供給のバランスが変化し、激しい競争の時代に突入した賃貸市場では、「空室」は賃貸経営を行うオーナー様にとって最大の問題ですよね。自分のマンションに入居者が入らないという状況は、売上が上がらないということであり死活問題です。

これからの賃貸経営は、この「空室」をいかに埋めていくか、という一点に尽きます。とはいえ無制限にコストをかけたり、単純に値下げをして空室を埋めるわけにもいきません。「資産を最大化させる」ことを目指す以上、できる限り費用をかけずに適切な家賃設定を保ち、収支のバランスをとりながら空室を埋めることが賃貸経営の真髄と言えるでしょう。

これらを踏まえ、今後の市場競争の中で利益を出して勝ち残っていくためには、そのための専門知識とノウハウが必要不可欠です。賃貸経営では、不動産投資・売買等全般の知識や建築・設備・工事全般の知識、税務・法務・ファイナンスの知識、さらにはマーケティングや入居者募集のスキル等が幅広く求められ、我々不動産のプロフェッショナルでもひとりで全てをカバーすることは不可能です。

インターネットが生活に浸透した現在の情報社会では、供給過剰の賃貸物件の中から少しでも好条件の部屋を探そうと、入居者の見る目はより厳しくなっています。需要と供給のバランスが変化したこと以外にも、競争相手との差別化が求められる理由は存在しているのです。

しかしながらこの業界において、実情を理解し対応しているオーナー様や管理会社は未だ少ないのが実情です。過渡期とも言える現在の状況下でいち早く市場環境の変化を見抜き、ひと足早く対応を始めることが、市場競争で勝ち残っていくために圧倒的有利になることがご理解頂けるかと思います。

まずはお電話ください

営業時間 9:00~20:00 水曜日定休

メールでのお問合せはこちら